秀吉に自慢できる和室

*賃貸リドレス 部分リドレス編②*



彩Re(イロドリ)の施工事例をご覧いただける本ブログ。

今回ご紹介するのは、和室の部分リドレス事例です。

これまで洋室を中心にお送りしてきましたが、の和室案件です

「えっ、和室をリドレスできるんですか?」って思いましたか?

まったく問題なくできます。

弊社が得意とするのは、「賃貸リドレス」という独自の手法。お部屋を原状回復しやすい施工方法で生まれ変わらせるので、失敗できないリフォームと違って、大規模な工事を伴わないんです。

さっそくBeforeを見てみましょう!
































和室…ッ!!

思った以上の和室でした。もちろん和室、良いところが沢山あります。日本の心です。特に夏は畳の匂いが落ち着きますよね。

でも、もうちょっと洋風というか、モダンな感じにしたい…そう思うのも、決して無理からぬことです。

現代の日本の家は、和室以外すべて洋室というのが基本です。和室があるのは良いけれど、調和が難しいんですよね、和室って。

引きのアングルです。

和室があることでお部屋全体が引き立つなら、このままでもOKなのですが…

ちょっと古く見えてしまっているかもです。

それ、こんな感じに変えたらどうでしょう。


令和の和室はこうじゃないと!

黄金の茶室」ってあるじゃないですか?あの豊臣秀吉が作った茶室です。

ゴテゴテしていて趣味が悪いなと感じるんですが、もし戦国時代に賃貸リドレスがあったなら、秀吉は「こっちの方がいいじゃん!!」って言うと思うんです。

秀吉にもオススメしたいくらい、自慢の出来です。


引き戸も、木製からガラス製に変更。

Beforeと見比べてください。和室が浮いてないはずです。

和室という構成は変えずに、和室をきちんと現代の住宅に調和させることができる。これもリドレスの魅力の一つかもしれません。

彩Reが願っていることは、出来合いの家で暮らすのではなく、それぞれの人が自分らしい生活を作っていくことです。

部屋は生活の拠点です。だから部屋を変えれば生活が変わり、生活が変われば人生が変わっていきます

リドレスを通して、そんなきっかけ作りができたなら…

彩Reはそう考えています。

これからは家を住み替えるより、部屋を着せ替える時代です

わたしたち彩Re(イロドリ)は、お部屋を原状回復しやすい施工方法で生まれ変わらせる「賃貸リドレス」で、あなたらしい住まいを作るお手伝いをいたします。

一人暮らしからファミリーまで、ご要望に合わせて自由自在。

あなたからのご依頼、お待ちしています。


特集記事